富士川を信州へ400km BRM425興津400 (2015) 3/4ページ: 鈴の音通信 ウィンドベルズ公式サイト

2015年04月28日

富士川を信州へ400km BRM425興津400 (2015) 3/4ページ

富士山の脇を流れる富士川を北に進み、海がない長野県までアルプス山脈の脇を片道200km北上。基本的に緩い傾斜が続くものの、信号も少なく、過去同コースで100km4時間以内(15:54)での完走を達成した早いコース。

今回は2015年に実施されたイベントでのレポートを元にコースを紹介します。


bg-07-1.gif意外と行けるか?16時間未満
この時私は200kmを8:18のペース。往路は基本的に登りなので、このペースであれば、折り返しの下りと、使っていない足を解放したペースアップを考えれば16時間以内が現実的なものの、問題は気管支炎が悪化気味だった事。ペースを上げると息苦しいので、足は75%方残っているものの使えそうもない。最後の山場と言える塩尻峠を登り、250km地点に戻ったときのタイム次第と言えるでしょう。

折り返しはやはり追い風となり、ペースを上げつつ塩尻峠へ。この時、後続の参加者の方々とすれ違う度に欠かさず挨拶をするように心がけていますが、いつも悩むのは、なんと挨拶して良いか。
人によっては、自分の遅れを自覚する事になって辛くなる、という話しなので、いつも気を使うところなんですが、正解が分からない。折り返しだけベストを脱いで他人を装う、という技も考えつつも、やはり私が出来そうな事は、声援と握り拳で元気を贈る事くらい。私の思い付く出来るだけの方法です。

bg-07-1.gif塩尻登坂
途中で前回も間違えた道にまたしてもコースアウトしつつ、なんら学習していない私を再確認しながら、塩尻峠の登り直し。復路は基本的に下りですが、この区間が、全体を通しても唯一まとまったヒルクライムポイント。ここまでは足を残しておかないと辛い目に遭う。
その塩尻峠、追い風気味だった事もあり、よもやアウターだけで登り切れるとは思いもよらず。
しかしここが最後の山場という印象から、気持ち仕掛けてしまったのが、この後響いて来ます。足でなく、気管支へ甚大なダメージを引き起こす引き金になることに。
posted by Wind Bells BC at 18:11 | TrackBack(0) | 関東郊外
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/124452947
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック